menu

結婚情報コラム

2人に合った「挙式スタイル」を見つけよう!

2021.11.11

2人に合った「挙式スタイル」を見つけよう!


こんにちは!

本日もNPO法人はま婚のブログをご覧頂き誠にありがとうございます!

本日のブログを担当致します、卒花嫁アンバサダーのTOMOMIです!どうぞよろしくお願いいたします♡

 

本日、テーマにお話しさせて頂きますのは「挙式スタイル」

結婚式を挙げよう!と思った時に、式場を探す前の段階で希望の挙式スタイルについて夫婦でよく相談しておくと

「私たちに合った式場はきっとこの辺りだ!」とある程度絞ることが出来たり

式場見学に行ったときによりリアルな視点で挙式会場を見比べる事が出来ると思います!

これから結婚式場を探していく新郎新婦のお二人や、結婚式の準備の中で挙式スタイルに悩んでいらっしゃる新郎新婦様のお力に少しでもなれたら・・・ということで

挙式スタイルの紹介と、それぞれの特徴やメリットをご紹介していきたいと思います!

どんな「挙式スタイル」があるの?

挙式のスタイルは大きく分けると以下の3つです!

1.キリスト教式

2.人前式

3.神社・寺院での結婚式

この3つのスタイルの中でも、細かく見ていくと「どこで行うのか」「どのように行うのか」等の違いがあるものもありますので

ここから一つずつ、紹介をしていきますね!

 

1.教会式

c9623ced76905229a008391fdcc49ab07_4620693218544478679_210501_0-730x730

一般的に、結婚式というとこのスタイルを思い浮かべる方が多いかもしれません。

「キリスト教式」と呼ばれることもあるこのスタイルは、牧師先生が司式を行い

キリスト教の聖書の言葉を引用して、新郎新婦は神に永遠の愛を誓います。

ゼクシィ調べでは、日本の51.1%のカップルがキリスト教式を選んでいるようです!

この数字からも、人気な挙式スタイルであることが分かりますね!

 

天井が高く、大きなステンドグラスが有るような大聖堂ではキリスト教式がとても映えます!

キリスト教式に合わせた生演奏を用意している式場もあり、

参列して頂く方々にも特別な時間を味わっていただくことができるのもとても魅力的だと思います。

厳粛な雰囲気が感じられるのもキリスト教式の特徴の一つです。

挙式は儀式としてしっかりと行い、披露宴からはとにかく明るく楽しく賑やかに過ごしてメリハリをつけたい!

というお考えの方にはピッタリですね♡

 

挙式中は、司式をしている牧師先生の方を向いているので

基本は後ろ姿を見せているようになります。

ですので、バックスタイルにポイントがあるデザインのドレスを選んだり、

挙式の時だけロングトレーンやロングベールを付けたりしてもとても素敵ですよね!

新郎新婦様が何かセリフを言ったり大きな演出を行ったりしなくても形になる教会式ですが、

新婦様のベールをお母様に下ろしてもらうというお支度の仕上げをして頂くベールダウンや

お二人の結婚指輪をご列席のお子様ゲストに運んで来てもらう演出等、追加できる演出もいろいろあるので

お二人らしい教会式を行うことができます!

ちなみに私自身、挙式はキリスト教式で行ったのですが、夫婦の思い出の曲を挙式の退場曲で生演奏で演奏して頂くようにリクエストしました。

2人らしい演出だねと気づいてくれたゲストからは声をかけて頂き、とてもいい思い出になりました♡

2.人前式

22161777_m

人前式はその文字の通り、「人の前に誓いを立てる式」

家族や友人など、列席してくださる方々を証人として、二人が結婚の誓いを立てるスタイルです。

教会式や神社挙式との明確な違いは、宗教色の全くない挙式ところです。

ゲストと一緒に挙式を作り上げる感覚が感じられるので、オリジナリティを重視する方、人とは違った演出がしたい!記憶に残る挙式がしたい!という方にはピッタリですね!

人前式はとても自由度が高く、演出に決まりはありませんし、進行の順序も二人のご希望に合わせて変えられますし、

新郎新婦のお二人が述べる誓いの言葉も決まっていないのでお二人ならではの誓いの言葉を用意していただくようになります。

「お互いの家族を大切にします」

「喧嘩をしてもその日のうちに仲直りします」

「結婚記念日には毎年豪華なディナーを食べに行きます」等・・・

2人の約束を証人の皆様の前で誓いの言葉にしている方もいたり、

家族や友人を巻き込んで、ゲストにどんなことを誓ってもらいたいかを考えて来てもらう、なんていうのも素敵ですね!

2476816_m

また、挙式の前に皆さんから結婚の承認に向けてウェディングツリーを作ってもらって挙式の中で新郎新婦の二人がそれを完成させる演出を行う・・・等という演出をされるのも人気です!

演出は他にもいろいろ行えますので、ご希望に合わせて是非プランナーさんをたくさん相談してみてくださいね!

挙式中、教会式や神社挙式は新郎新婦のお二人は司式者の方を向いているのですが

人前式の場合はゲストの皆様の方を向いて挙式を進行していくのも大きな違いですね。

そんなの緊張しちゃう・・・と思われるかもしれませんが、案外始まってしまえば大切なゲストの方々の方を見ていられてすぐに緊張が解けていって良かった!という感想をお持ちの方も多いようです!

また、最近では式場によってはガーデン人前式を行える式場もあるようです!

ガーデンでの人前式だと、解放感もありますし緑や風を感じながらより演出の幅も広がりますよね♡

 

3.神社・寺院での結婚式

3133902_m

image_0142 - 三上知里

そして最後は神社・寺院で行う結婚式

神社で行う挙式は「神前式」、寺院で行う挙式は「仏前式」と言います。

「普段から家族で初詣やお参りに行っている神社で結婚式をしたい」

そんな思いでいらっしゃる新郎新婦様もいらっしゃるのではないでしょうか?

神前式も仏前式も、どちらも日本の伝統的な挙式スタイルで、厳粛な雰囲気の中、家と家が結びつき家族になるという重みを感じながら挙式を執り行える特徴があります。

新郎新婦様が洋装ではなく和装でお式をされるのがなにより一番わかりやすい特徴ですね。

 

基本的には、親族のみにご参列で行うのが主流ですが、最近は友人の列席も受け入れてくれる神社・寺院もあるようです。

友人にも見に来てほしい・・・というご希望のある方は、事前に確認されるといいと思います!

あとは神社が忙しい七五三シーズンなどは挙式を行っていないケースもあるので注意が必要です。

式場が神社挙式に向けての新郎新婦様・親御様のお支度や、挙式後のお食事会までまとめてサポートしてくれる場合もあるので

「神社で挙式をしたいけど衣装やヘアメイクはどうしたらいいんだろう・・・」

「挙式のあとできれば食事会や披露宴も検討したい」

という方は式場に問い合わせてみるといいと思います!

移動を伴うとスケジュールを組むのも大変なので、その辺りはプロに任せてしまうのが一番かと思います!

是非その点のご相談もNPO法人はま婚にお問合せ頂けたら・・・と思います^ ^

 

また、ホテル等によくありますが、結婚式場内に神殿があって

そこで神前式を行う事が出来る式場もあります。

そうすると移動をせずに挙式と披露宴が出来るメリットはありますが、神社ならではのロケーションをを楽しむことはできなくなるので

何を優先するかご相談されながら決めていくといいですね!

 

「挙式」とひとことで言っても、以上のようにスタイルが様々あって、お二人がどのように選択していくかによって挙式の在り方も大きく変わってきます。

結婚式というと披露宴に目が行きがちな新郎新婦様も多いですが、結婚式という一日の中で「挙式」が持つ意味はとっても大きいはずです!

お二人の挙式が、その後の二人の人生の中でより意味のあるものになるように

まずは挙式スタイルを選ぶところからしっかり相談していきましょう♡

 

最後までご覧頂きありがとうございました!

 

卒花嫁アンバサダー
TOMOMI

ブログ用似顔絵

自身の結婚式の経験を踏まえて
結婚式のオススメ演出などの内容はもちろん、
結婚式に至るまでの準備や流れ・結婚式後のお話しまで
幅広く情報をお届けしていきます!


 

浜松・磐田・掛川・袋井の結婚式情報やトレンド情報をお届けします!浜松で結婚式を挙げるなら、まずははま婚結婚式場相談カウンターへ!結婚式をやろうか悩んでいる方、どんな結婚式が二人らしいか悩んでいる方、結婚式場が多くて迷っている方、結婚式準備で行き詰ってしまった方…どんなご相談にも経験豊富で結婚式や結婚式準備に詳しいスタッフがご案内させていただきます!

まずはお気軽にお問い合わせください!

<法人会員の皆様へ>

いつもNPO法人はま婚の活動にご参画いただき誠にありがとうございます。地域に根差したNPO法人として「結婚」「結婚式」の情報発信をお届けできるよう、皆様の事業でのニュース&トピックスもぜひはま婚まで情報をお寄せください。はま婚ブログでも発信をさせていただきます。

はま婚スタッフにて情報確認後掲載を差し控えさせていただく場合もございますので予めご了承ください。ブログ反映までお時間をいただいております、早めの情報提供ご協力をお願い致します。

相談カウンター
LINEで相談   友だち追加


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!