menu

結婚情報コラム

昨今人気のフォトウエディング 実際に行った先輩カップルの生の声とともにご紹介!

2021.12.02

昨今人気のフォトウエディング 実際に行った先輩カップルの生の声とともにご紹介!


いつもNPO法人はま婚のブログをご覧頂きましてありがとうございます。プレ花嫁アンバサダーのYUUMIです。結婚をすることが決まり結婚式について考えるカップルは多くいると思います。友人・職場関係を招いての挙式披露宴、親族だけの食事会、挙式のみの開催、、、様々な結婚式のカタチがある中で「フォトウエディング」を選択される方もいらっしゃるかと思います。コロナ禍ということもあり、私の周りのプレ花嫁仲間の間でもこのカタチを選択するカップルが増えているように感じます。今回は昨今注目を集めているフォトウエディングについて紹介致します!

そもそもフォトウエディングとは何?

22161777_m

フォトウエディングとは文字通り「写真 結婚式」=写真で残す結婚式です。結婚式を挙げない代わりに、ドレスや和装を着て写真に残す、一つの結婚式のカタチです。結婚式では招待をしたゲストもいるため、あまり多くの衣装を着るとゲストと過ごせる時間も短くなってしまうため、着用できる衣装も多くて2着や3着かと思います。その点フォトウエディングではおふたりの好きなドレスを好きなだけ着用をすることができます。
「一度目ではないご結婚」「妊娠や出産」「ご予算やコロナの関係」それぞれの事情で、結婚式を挙げることを選択しなかったが、結婚式らしい大切な日は残したい。そんな思いをお持ちの方にこのフォトウエディングが選ばれているようです。

 

おすすめ撮影スポット

フォトウエディングの良さとしてはやはり自分たちの好きな場所で撮影をすることができるという点かと思います。そこでおススメの撮影スポットをいくつか紹介を致します。

憧れの結婚式場

c9623ced76905229a008391fdcc49ab07_4620693218544478679_210501_0-730x730

結婚式場での撮影では、結婚式は挙げない代わりに本格的な結婚写真を残すことができます。チャペルのバージンロードは花嫁の人生(過去・現在・未来)を表すと言われております。撮影の中でバージンロードを1歩1歩進み過去の出来事を振り返り、彼との今後の未来を誓う。結婚の実感が湧く瞬間になることでしょう。

伝統的な神社

0004-s

伝統的な神社は和装での撮影を希望する方へおススメな場所です。お互いの親御様にも撮影に参加をして頂き留袖、紋付を着て一緒に撮影をするのも素敵ですね。

ガーデンウエディング会場

2109114-1730

開放的なガーデンウエディングが叶う会場での撮影は自然と笑顔になり素敵な写真が撮れるはず。

ふたりの思い出の場所

1A0A5824

ふたりの出会いの場所や思い出の場所での撮影。思い入れのある場所で撮影をすることでその場所がより一層特別な場所になります。

季節を感じられる場所

IMG_0324 (1)

浜松城公園では春になると桜の木が満開に咲き誇り、秋には紅葉が広がります。そんな季節を感じられる場所での撮影も素敵ですね。

 

おススメの演出

写真の結婚式だけど、ただ衣装を着て写真を残すだけではもったいない!夫婦のスタートとなる日となりけじめをつける機会だからこそ、この時をより素敵な時間にするべくおすすめな演出を紹介致します。

お互いに手紙を贈り合う

これまでの感謝の気持ちやこれからの相手へ伝えたい思い、この日を迎えるまでにきっと様々な苦難や楽しいことを色々とふたりで乗り越えてきたことと思います。そんな思いを手紙に綴り相手へ届けるのも素敵ですね。今後何があってもこの日にもらった手紙を見れば、幸せな気持ちを思い出し、相手を大切に思う気持ちを再認識できるはずです。

両親へ感謝の気持ちを伝える時間をつくる

いままで育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えることは普段の生活ではなかなか難しいですよね。フォトウエディングに両親も招き、本当は直接伝えたい家族への特別な思いを伝えるのも素敵ですね。

結婚生活における夫婦の誓いを宣言する

フォトウエディングの中で夫婦の誓いを宣言する時間を設けるのはいかがでしょうか。結婚式では牧師の先生やゲストの皆様に愛を誓う場面がありますが、そんな結婚を実感する大切な瞬間をフォトウエディングの中でつくるのもおすすめです。結婚式ではゲストの目を気にしてありきたりな結婚の誓いを選択することもあるかと思いますが、ふたりだけのフォトウエディングでは、そんなゲストの目は気にする必要がないので、本当にふたりにとって必要な夫婦の誓いが完成するのではないでしょうか。

フォトウエディングの中で何か一つ思い出の品を完成させる

ただ写真を撮るだけではなく、フォトウエディングの中でふたりで何か作品を完成させるのはいかがでしょうか?たとえば夫婦の証である結婚指輪を今後保管するリングピローの作成!必要な材料を用意しフォトウエディング中に作成する時間を設け完成をする。作っている工程もお写真に収めればより素敵な思い出になりますね。また、結婚記念の年数ごとに名称と意味が込められていることをご存知でしょうか?
【1年目】紙婚式
【2年目】綿婚式
【3年目】革婚式
【4年目】花婚式
【5年目】木婚式
【10年目】アルミ婚式
【25年目】銀婚式
【40年目】ルビー婚式
【50年目】金婚式
……
フォトウエディングで思い出の品を完成させたようにこれからの結婚記念日では、年数にちなんだ製品の物を一緒につくる習慣をつけるのも素敵ですね。(紙婚式の1年目ではアルバムを作る、革婚式の3年目ではオリジナルの財布を作る…等々)結婚〇周年の節目に年数にちなんだものを作りフォトウエディングと同じ場所で撮影をする。そんな1年に1回の素敵な習慣をつくるのも良いですね。

 

フォトウエディングを行った方の生の声

実際にフォトウエディングを行った方の生の声を紹介したいと思います。
まずは、2020年8月にフォトウエディングを行ったY様夫婦のご紹介。

22161777_m

Q:なぜフォトウエディングを選んだのでしょうか?

A:元々2020年4月に挙式披露宴を行う予定で進めていましたが、コロナウイルスが流行り出したこと、新郎側ゲストのほとんどが遠方から来る予定で親の意向もあり結婚式を執り行うことをキャンセルしました。ただ、何かカタチに残したいと思いこの「フォトウエディング」を選択しました。

Q:どのようなフォトウエディングを行いましたか?

A:私たちは写真スタジオにて白無垢、色打掛/紋付・袴を着て撮影をしました。結婚式を開催をする予定段階で既に作成をしていたオリジナルのブーケも持って一緒に撮影ができたので一つ思い出になり良かったです。また、撮影当日は花嫁側の親、兄弟、友人も見学に来てくれました。その際サプライズで友人が小さな結婚式を用意をしてくれ、その中で親からの結婚生活へのメッセージを伝えれれるシーンもあり驚き感動をしました。

Q:実際にフォトウエディングを行った感想は?

A:当初結婚式の開催をキャンセルしフォトウエディングも行わない予定でしたが、結果的に、育ててくれた親、兄弟に花嫁姿を披露をすることができ良かったです。衣装を着た時に結婚の実感が湧きました。フォトウエディングを行ったことで結婚へのけじめがつき行って良かったと思っています。

 

次に、2021年9月にフォトウエディングを行ったA様夫婦のご紹介です。

IMG_3281

 

Q:なぜフォトウエディングを選んだのでしょうか?

A:ふたりの思いとして「目立ちたくない」という気持ちがあり結婚式を挙げることに前向きになれずフォトウエディングというカタチを選択しました。

Q:どのようなフォトウエディングを行いましたか?

A:撮影は浜松の結婚式場にてドレスとタキシードを着て撮影をしました。撮影を開始する前お互い仕度をしている様子は見ずに当日着る衣装もサプライズにして進め、チャペルにてお披露目をしました。その時に新郎より素敵なブーケがプレゼントされました。そのブーケというのが、撮影を開始する前に一つ一つお花を選んでお花屋さんと一緒に手作りをしたブーケとのことで驚きました。素敵なブーケと共に撮影した写真は一生の思い出です。手作りをしている様子の写真もあり一生懸命選んで作ってくれた様子が伝わりました。また、担当をしてくれたプランナーさんがサプライズでふたりだけのプチ結婚式を用意してくれ感動をして有難かったです。

Q:実際にフォトウエディングを行った感想は?

A:フォトウエディングというカタチを選択したが、写真に撮られることに慣れていなかったため、あえて目線を外し自然な様子の写真を抑えて頂き自分たちらしい写真が残せたと思います。また、手作りブーケのサプライズはそのようなことをしない新郎だったため非常に驚きました。一生の思い出になりフォトウエディングを行って良かったです。

 


 

フォトウエディングといってもカタチは様々。フォトウエディングを行いたいけど何を決めたら良いかわからない…誰に相談をしたらいいかわからない….そんな方は一度NPO法人はま婚へご相談ください。経験豊富なスタッフがフォトウエディングを挙げることのできる会場、場所、衣装のご案内をさせて頂きます。また、フォトウエディング以外にも自分たちらしい結婚式のカタチは何だろう?と考えている皆様へも丁寧にヒアリングを行い一組一組に合ったスタイルをご提案致します。はま婚の相談カウンターに足を運ぶのが大変…という方は、LINEでの相談も行っているようですので、どうぞお気軽にご相談くださいませ!まずは友だち追加から!友だち追加

 


 

プレ花嫁アンバサダー

YUUMI

image

自身の結婚式準備の経験を活かしてプレ花嫁のためのワクワクするような結婚式準備アイディアを紹介!

「プロポーズをされたらプレ花嫁♪」

結婚式の準備ってまず何からしたらいいの? 自分たちらしい結婚式って何だろう?

そんな疑問を解決するような、何かヒントとなるような情報をご紹介していきます


浜松・磐田・掛川・袋井の結婚式情報やトレンド情報をお届けします!浜松で結婚式を挙げるなら、まずははま婚結婚式場相談カウンターへ!結婚式をやろうか悩んでいる方、どんな結婚式が二人らしいか悩んでいる方、結婚式場が多くて迷っている方、結婚式準備で行き詰ってしまった方…どんなご相談にも経験豊富で結婚式や結婚式準備に詳しいスタッフがご案内させていただきます!

まずはお気軽にお問い合わせください!

<法人会員の皆様へ>

いつもNPO法人はま婚の活動にご参画いただき誠にありがとうございます。地域に根差したNPO法人として「結婚」「結婚式」の情報発信をお届けできるよう、皆様の事業でのニュース&トピックスもぜひはま婚まで情報をお寄せください。はま婚ブログでも発信をさせていただきます。

はま婚スタッフにて情報確認後掲載を差し控えさせていただく場合もございますので予めご了承ください。ブログ反映までお時間をいただいております、早めの情報提供ご協力をお願い致します。

相談カウンター
LINEで相談   友だち追加
メールで相談


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!