menu

結婚情報コラム

和の結婚式をしよう!

2021.05.09

和の結婚式をしよう!


 

昨年に続き自粛ムードで過ごすGW、皆様いかがお過ごしでしょうか?

新緑の季節を迎え気持ちの良い気候の今日この頃、公園やフラワーパークなどお散歩スポットに出かけられた方も多かったのではないでしょうか?

鮮やかなグリーンをバックに華やかなお着物姿で写真撮影などご希望をいただく方も多い時期でブライダル業界では和装の前撮りが人気のシーズンでもあります。

そこで!本日はお着物で過ごす和の結婚式の魅力を改めてご紹介していきたいと思います!

 


 

 

着物で過ごす結婚式
和装結婚式の魅力

1)神社婚だけじゃない!挙式スタイル
2)大人気!和装での前撮りも♪
3)実はドレスより動きやすい⁉
4)アレンジの幅も広い!

 

1)神社婚だけじゃない!挙式スタイル

和装での結婚式、着物での結婚式と聞いてまず思い浮かぶのは神社での結婚式ではないでしょうか?神社での結婚式は、伝統的な挙式スタイルとしてとても人気があり憧れる花嫁様も多いですが、その反面、移動が伴うことが多い為天候に左右されたり、列席者が親族に限られていたりと悩ましいポイントも…そんな和装での結婚式のスタイルをご紹介させていただきます!

神社挙式

秋葉神社-001

まずは何といっても神社での結婚式!神社での結婚式は、両家の結びつきをより強くする家族と家族の結婚式です。神社の前で撮影する集合写真やおふたりの記念のお写真は一生の記念になること間違いなし!
神社での結婚式が主流ですが、ホテルや結婚式場などに併設されている神殿での挙式も可能となり、披露宴までの移動を懸念されている方にはお勧めです。

 

和装人前式

image_242

キリスト教会式よりもアットホームな印象でゲストを巻き込んで挙式が執り行えると人気上昇中の人前式。人気増加に伴い、宗教色の少ないチャペルが増えてきたことであわせて人気が出てきているのが和装で挙式会場で行う和装人前式です!通常のチャペルで行う挙式スタイル同様、親族だけではなくお世話になっている職場の方や大切なご友人にもご参列いただくことができ、オリジナリティを出した演出も可能ということで人気となっています。

 

仏前結婚式

聞きなじみのない方もいらっしゃるかと思いますが、仏前結婚式は、仏教の教えである「2人の結婚は前世からの因縁であり、先祖の慈悲によるもの」という考えに基づき執り行われます。仏様とご先祖様にその「因縁」を報告し、感謝の気持ちを伝えることで、「来世までの結びつき」を誓います。現世での結びつきはもちろん、来世での結びつきまで誓い合うのは仏前式の大きな特徴です。また、神社挙式やチャペルでの挙式でよくみられる「誓いの言葉」がないのも仏前式の特徴の一つ。また、司式者となる僧侶から新郎新婦へ数珠が授けられる「念珠授与」という儀式があるのも、他の挙式スタイルと違うところ。
来世までの結びつきを誓う仏前式は、伝統を重んじた由緒ある結婚式で、厳かで落ち着きがあるところが魅力です。

 

2)大人気!和装での前撮りも♪

6-5

約7割のカップル様が実施されるという別撮り。式前の前撮りをされる方もいれば、式後の後撮りをされる方も。その中でも1番人気のお衣装は、「色打掛」です。前撮りをされた方の中には、撮影データを使ってウェルカムボードやプロフィールシートなどを作られる方も多く、結婚式当日をさらに彩るアイテムとしても活躍すること間違いなしです!

そんな人気の和装前撮りのおすすめシーズンは3~5月頃の春と10~11月頃の秋。お化粧崩れの気になる夏のシーズンや、寒さの心配な冬のシーズンは避けられがちですが、スタジオ撮影や結婚式場のプランを使った会場での撮影などの場合には予約が取りやすく気候も気にする必要がない為おふたりのご都合に合わせてお選びいただくことが可能です。

なにから準備を始めたらいいのか…というおふたりの為に、前撮りの方法を3パターンご紹介させていただきます!

式場のプラン利用

<メリット>
①会場のプランナーさんが手配をしてくれるため、おふたりは衣装・日時を決めるだけでOK!
②館内での撮影がほとんどになる為、季節を問わず実施が可能!
③ウェルカムボードやプロフィールシートにした場合、当日と同じ会場なので統一感が出る!
④結婚式当日と同じカメラマンさん、美容師さんが担当してくれる場合が多くコミュニケーションが取れて当日がますます安心に♪

スタジオ撮影

<メリット>

①天候や気候にされることなく撮影ができる!
②プロによる照明のもとできれいな写真を残すことができる!
③お辞儀ショットや寝転びショットなど屋外では難しいポーズも残せる!

ロケーション撮影

<メリット>

①庭園や神社など美しい和の風情が漂う場所での撮影が可能!
②桜や紅葉など季節感のある写真を残すことができる!
③思い出のデートスポットなどでの撮影もできオリジナル感や地元感を出せる!

それぞれメリットに違いがありますので、式場決定済みの新郎新婦様は担当のプランナーさんに、まだご決定済みではない新郎新婦様はぜひはま婚スタッフまでご相談ください!おふたりの理想を伺いながらピッタリの前撮りをご提案させていただきます!

※参照データ:「ゼクシィ結婚トレンド調査2020(全国推計値)」

 

3)実はドレスより動きやすい⁉

和婚スタイル

ご友人のご結婚式にご列席された際、一緒に写真を撮ろうと思って近づいたけれど、ドレスのボリュームが大きくてあまり近づけなかった…そんな経験はありませんか?繊細なチュールやトレーンの美しいドレスは近づきすぎると踏んでしまったり汚してしまったりしそうでなかなか近づけない…そんな印象がある方も多いかと思います。その点、白無垢や色打掛であれば花嫁の足元に衣装が広がることもなく気兼ねなく近づけるというメリットも。

お召しになっている花嫁様ご本人も裾を踏みそうと心配することなく動き回れることからテーブルラウンドやガーデンパーティなどゲストと近くで過ごす演出を検討されている方にはお勧めです!ただ、成人式の振袖や日常着とされる着物などと比べても重かったり暑かったりと不安に思われるポイントも…。着付の方法や下着の選び方で不安が軽減できる場合もあるので、ぜひ衣装店や美容師さんに相談してみてくださいね!

 

4)アレンジの幅も広い!

Picture57978

着物だとただ着るだけのワンパターンになってしまいそう…そんなイメージを持たれている花嫁様も多いはず。最近では伝統的な衣装に加え、小物との色合わせを愉しむ提案や今どきのヘアスタイルとの組み合わせなど提案してくれる衣装店様も。また、例えば背の低い方は、着物の柄が綺麗に見えるように小さい柄の着物がおすすめです。反対に背の高い方は、大きめの柄を選ぶことでシュッとした美しい印象を与えることができます。ぜひ衣装スタッフさんとも相談をしながら衣装選びをしていただくと、よりご自身にピッタリなお衣装選びをしていただけることと思います!

 

 


 

和装の結婚式の魅力、ちょっとでも伝わりましたでしょうか??

結婚式や前撮りのご相談は、ぜひNPO法人はま婚結婚式場相談カウンターまで!

 

相談カウンター
LINEで相談   友だち追加
メールで相談

 


こんな記事も読まれています

父の日

2021.06.20
父の日
コラム

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!