ウェディングブログWedding Blog

恥をかかかない 結婚式お礼&お返しのマナー

2016.11.07

恥をかかかない 結婚式お礼&お返しのマナー


結婚祝いや結婚式に遠方からお越しいただくゲストや受付をお願いしたゲストなど、意外と必要なお返しは多いです。どういう人にどのくらいのお返しをするべきか意外と知らないもの。知らないでお礼をきちんとしないでいると非常識と思われてしまうかも、逆に過剰なお返しは相手を恐縮させてしまいます。今回は結婚にまつわるお礼やお返しの相場をご紹介します。相手に失礼の無いよう、お礼やお返しに関する基本のマナーは心得ておきましょう。

結婚式のお礼・お返し

受付をお願いするゲスト

e558c57471d53ac749390b76041c5cbc_s

他のゲストよりも早く会場へ入り、ゲストの出欠の管理や芳名帳への記入、ご祝儀の受け取りなど金銭の絡んだやり取りもお願いする受付。受付対応の他にも、遠方からお越しいただいたゲストにお車代などを渡してもらうなども。お礼は3,000~5,000円くらいの現金を包んで渡す、もしくは後日改めてお礼の場を設ける、などお願いした内容や関係性で考えましょう。

祝辞・乾杯の発声をお願いするゲスト

481c82be4c138ecedc067aa64718723e_s

祝辞をお願いする主賓と乾杯の発声をお願いするゲストには、交通費の代わりにお車代として現金を包むか、家から会場まで往復のハイヤーを手配します。現金を包む場合の相場は10,000円~が相場です。

スピーチをお願いしたゲスト

祝辞や乾杯のほかに、友人や同僚などから簡単なスピーチをしてもらう場合は、2,000円くらいを現金を包むか品物でプレゼントすると良いでしょう。

余興をお願いしたゲスト

余興のお礼の相場は2,000~10,000円くらいです。簡単なスピーチくらいならハネムーンのお土産をなどで良いと思います。プロ並みの余興を披露してくれた方や、「どうしても!」と強くお願いした方には10,000円ぐらいを目安に包むといいでしょう。

遠方からお越しいただいたゲスト

38ade89af8e009bb71e35068eec02018_s

遠方からお越しのゲストには交通費や宿泊費を包みましょう。交通費と宿泊費で20,000円以上かかってしまうゲストにはお車代を渡します。チケットを購入するなど全額負担なら完璧ですが、無理なら半額でも構いません。人によっては交通費を全額負担にしてチケットを取っておいて、宿泊費はゲスト負担にしてもらったり、逆にホテルを手配しておいて交通費は実費にしてもらうという人もいます。

司会進行をお願いしたゲスト

披露宴の司会進行をゲストにお願いする場合、打合せや進行の段取りなど準備が必要なうえ、当日は食事をとる暇もないので、その労力に見合ったお礼を。ご祝儀辞退で20,000~30,000円が相場です。

手作りのアイテム作成をお願いしたゲスト

52eb9d9d125b189c02d48764095d49c8_s
ウェルカムボードやブーケなどの手作りアイテムを作ってくれた方には、作るのにかかった手間と材料に応じた金額か品物を渡しましょう。相手から申し出てくれた場合も、材料費くらいは負担しましょう。相場としては3,000~20,000円くらいです。

カメラや映像の撮影をお願いしたゲスト

a7ed9ab31bc7f4378eff58a354bbce62_s

カメラやビデオ撮影をお願いしたゲストには、当日は付きっ切りの撮影に追われ、食事もできずに慌ただしくなります。その労力に見合うお礼をしましょう。かなり動いてもらうため10,000~30,000円くらい包みましょう。後日、現像などにかかった料金を別途支払いすると、なお良いです。

挙式のみ参列のゲスト

new010

人数の関係で披露宴には呼べず、挙式だけ参列してくれた友人や知人など。お礼には現金ではなく、披露宴の送賓の時に配るようなプチギフトを用意しておくといいです。

結婚祝い

結婚式に出席できなかった人からお祝いをいただいたら、式後1カ月以内に結婚内祝いをお返しします。結婚祝いは結婚式のご祝儀と違い、一斉に頂くわけではないので何方からいくら頂いたかのリストを作っておくと良いです。頂いた品物やお金の半額強が目安ですが、金額が合えば引出物でも。お礼状は必ず添えること。結婚内祝いの相場は頂いた金額の半返しです。相手に合わせて品物を送りましょう。

結婚にまつわるお礼・お返し

eb11cae302e01893f53f876b52303d31_s

結婚式の当日に、主賓や司会、受付や余興に至るまで、お世話になる人は大勢います。「友達だから受付やスピーチくらいお礼なしでやってもらって当然!」なんてと思っていませんか?結婚式に来ていただいているゲストは今後もお付き合いしていく大切な方ばかりだと思います。そんな方々の中でも、ふたりのために些細なことでも協力をしてくれたゲストには、しっかりとした形でお礼やお返しをするのが大人としての常識です!お金は受け取りにくいと言われたら、プレゼントなどの品物でお返ししてあげましょう。


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!

結婚式や結婚準備のご質問・ご相談Contact & Reservation

Copyright (c) HAMAKON All rights reserved.