menu

結婚情報コラム

思い出を形に♡花束をもらったら加工がオススメ!

2021.12.09

思い出を形に♡花束をもらったら加工がオススメ!


こんにちは!

本日もNPO法人はま婚のブログをご覧頂き誠にありがとうございます!

本日のブログを担当致します、卒花嫁アンバサダーのTOMOMIです!どうぞよろしくお願いいたします♡

早いもので12月に入ってからもう1週間以上が過ぎましたね。穏やかに新年を迎えられるように、大掃除や年賀状の準備など計画的に進めなければ!と思いながらも、あっという間に1週間が過ぎてしまって早くも焦りを感じ始めています(笑)

きっと皆様それぞれに、1年の締めくくりを前にやり残したことがないように・・・と計画を企てているのではないでしょうか?

そしてきっと、この12月中に「プロポーズ」をしよう!と計画中の方もいらっしゃることでしょう♡

12月はクリスマスやお正月・長期休暇などのイベントも重なることで、プロポーズが多いシーズンです!

NPO法人はま婚は皆様のプロポーズを応援すべく、プロポーズについて様々な記事で取り上げておりますので宜しければ是非ご活用頂けたら嬉しいです!

プロポーズ 華を添えるプレゼントとは…?

プロポーズ大作戦!

プロポーズをお考えのあなたに!

そして過去の記事でもご紹介しているようにプロポーズでは花束を贈られることが多いのですが、花束はそのままの状態だとどうしても楽しめる期間が限られています。

プロポーズの時の感動や花束のお花の美しさをどうか形として残して欲しい!そんな思いで本日は「ドライブーケ加工」をご紹介してまいります♡

ドライブーケ加工とは?

結婚式で使用したブーケや花束を、押し花やドライフラワーに加工することを言います。

商品の種類や大きさ等は様々な展開があって、一輪のお花を押し花にして飾れるようにするものがあったり、ブーケと一緒に新郎様の胸元につけていたブートニアをレイアウトできるものがあったり、メッセージカードを入れたり、記念日や名前を印字したり・・・とお好きなオプションをカスタマイズできるようになっています!

花束を注文したお花屋さんで加工をお願いしていただいてもいいですし、結婚式の前でも結婚式場が決まっている方は式場に手配をお願いしてしまうのも楽でいいですね。

経年変化により色味がアンティーク調に変化していくことはありますが、直射日光に当てないように注意をしたり、湿度が高いところに置かないように注意したりしていけば、10年、20年、もちろんそれ以降も長く思い出を楽しむことができます!

実際のBefore/Afterをご紹介

ここで、実際にドライブーケ加工をすると加工の前後でどのような雰囲気の違いが生まれるのか事例をご紹介したいと思います!

お恥ずかしながら・・・私自身、結婚式の時に使ったブーケをドライ加工して自宅に飾っておりますので一例としてご参考にご覧いただけますと幸いです♡

まずは加工前の実際結婚式で使用したブーケはこんなデザインでした!

line_195788305380101

グリーンを中心に、結婚式の装飾のテーマカラーとしていた黄色・ネイビーをポイントで入れるようにざっくりとオーダーしていたブーケがとっても素敵だったので加工をお願いすることにしました!

 

そして、実際に加工後のブーケはこんな感じです!

DSC_3925

加工をして頂き、お花の後ろのクロス・フレームのデザインを選んだだけでこんなに素敵になりました♡

結婚式から5年以上経ち、少しアンティーク調に色が変化してきているのかな?とも思いますが、それもまた素敵ですよね♡

お花だけでなくリボンも入っているので、結婚式のブーケがより忠実に加工されているなと感じています!

 

加工がキレイに仕上がるように、出来るだけお花がキレイな状態で注文をする必要があります。

結婚式のブーケを加工する場合は結婚式終了後にその場で注文するのがベストですね!

暑い時期であれば、加工に出すまではお花が傷まないように涼しい場所で保管しつつ、遅くとも使用した翌日には加工に出せるといいと思います。

卒花嫁の友人宅に遊びに行くと、結婚式のブーケを加工して飾っている様子をよく見かけます!

ご新居のインテリアとしてもとてもオシャレだと思いますし、目にする度に結婚式の頃のことを思い返すこともできるとても素敵なアイテムだなと感じています!

ご自身で「ドライフラワー」にする時は・・・

5067708_m

長く飾るものとしては、プロにお願いをして加工をすることを一番にオススメをいたしますが、たくさんお花を頂いた時にその全てを加工してもらうのは大変だと思います。

そんな時にはご自身でドライフラワーにするというのも一つの手段です。

ドライフラワーに向いているのは、「水気があまりなく色や形が変わらない花」だそうです。

具体的に言うと、

・センニチコウ
・ラベンダー
・ミモザ
・かすみ草
・アジサイ
・バラ

等はご自身でもドライフラワーにしやすいお花だそうです!

プロポーズでは意味合いを持たせた本数でバラを贈るというケースも多いと思いますので、たくさんのバラを頂いた時には一部は本格的に加工をして、一部は自分でドライフラワーにしてそれぞれ違った楽しみ方をするのも良いかもしれませんね!

逆に、水気が多くなかなか乾燥しないお花はドライフラワーには向いていないようです。

乾燥するまでにかなり時間がかかってしまうことで色味が大きく変わってしまうので要注意です!

具体的には、

・ユリ
・カラー
・ツバキ
・サボテンなどの多肉植物

はドライフラワーには不向きなお花だそうです!

こんなところでも是非ご活用を♪

ドライ加工は出来上がりまでに半年前後の期間を要するケースが多いです。

プロポーズの時に貰った花束を加工すれば、結婚式の時にはウェルカムグッズとして飾って皆様にご披露することも出来ますね!

お二人の大切な思い出の詰まった華やかなウェルカムグッズとして注目を集めること間違いなしです!

また、結婚式の中で親御様への感謝の記念品として花束を贈ることをご検討される方も多いかと思います。

やはり人生の節目に大きな花束をもらうととても感激しますし嫌な気持ちになる人はいませんよね。

ですが贈る側としては、「形に残るものの方がいいのでは・・・」と悩まれることもあるかもしれません。

そんな時は!親御様に差し上げる花束も、お渡しした後に加工して再度プレゼントする、ということも可能です!

親御様へのプレゼント向けの加工商品もありますので、是非お花を注文されたお花屋さんや結婚式場にご相談されてはいかがでしょうか??

 

プロポーズや結婚式を鮮やかに彩るお花が、是非大切な思い出としてずっと皆様の側にあり続けてその後の日々の中でも華を添える存在でいられるといいな・・・と願い、心からオススメをいたします!

是非皆様ご検討くださいね!本日も最後までご覧頂きありがとうございました!

 

卒花嫁アンバサダー
TOMOMI

ブログ用似顔絵

自身の結婚式の経験を踏まえて
結婚式のオススメ演出などの内容はもちろん、
結婚式に至るまでの準備や流れ・結婚式後のお話しまで
幅広く情報をお届けしていきます!


浜松・磐田・掛川・袋井の結婚式情報やトレンド情報をお届けします!浜松で結婚式を挙げるなら、まずははま婚結婚式場相談カウンターへ!結婚式をやろうか悩んでいる方、どんな結婚式が二人らしいか悩んでいる方、結婚式場が多くて迷っている方、結婚式準備で行き詰ってしまった方…どんなご相談にも経験豊富で結婚式や結婚式準備に詳しいスタッフがご案内させていただきます!

まずはお気軽にお問い合わせください!

<法人会員の皆様へ>

いつもNPO法人はま婚の活動にご参画いただき誠にありがとうございます。地域に根差したNPO法人として「結婚」「結婚式」の情報発信をお届けできるよう、皆様の事業でのニュース&トピックスもぜひはま婚まで情報をお寄せください。はま婚ブログでも発信をさせていただきます。

はま婚スタッフにて情報確認後掲載を差し控えさせていただく場合もございますので予めご了承ください。ブログ反映までお時間をいただいております、早めの情報提供ご協力をお願い致します。

相談カウンター
LINEで相談   友だち追加


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!