ウェディングブログ

ブライダルフェアへ行こう!気になる5つの心得とは?

2019.02.13

ブライダルフェアへ行こう!気になる5つの心得とは?


失敗しないブライダルフェアのススメ


目次
1.意外と知らない「ブライダルフェアってそもそも何?」
2.フェアに参加する際の5つの心得
3.一番人気はやっぱり試食会!
4.いざ、ブライダルフェアへ!!

1.意外と知らない「ブライダルフェアってそもそも何?」

雑誌やサイトでよく目にする「ブライダルフェア」の文字。

正直なところ「そもそも何?」と思ったりしていませんか?
今回は、意外と知らないブライダルフェアについていろいろ調べてみました。

 

簡単に説明しますと、ブライダルフェアというのは、

式場が開催するブライダル体験イベントのこと。

「理想の会場を見つけたい!」と考えているお二人なら(ほとんどがそうだと思いますが)、

積極的に参加しておいて損はありません。

 

ブライダルフェア式場イメージ

 

実際の挙式や披露宴の雰囲気を本番さながらで体験できるので、

それまで漠然としていたイメージが明確になったり、

一足早く花嫁気分を味わえたりと、

会場選びの大きなヒントにつながっていくんですよね。
つまり、結婚式というものがグッとリアルになり、意識がブンブン高まってくる。

その引き金のひとつがブライダルフェアなんです。

 

 

「結婚しよう」のプロポーズを終えた今、お二人のテンションは上昇しっぱなしのことでしょう。

ぜひいろいろなフェアを巡ってみることをおすすめします。

参加するだけでもとても楽しくて、これもまた、結婚に向けての良い思い出になるはずです♪

 

2.フェアに参加する際の5つの心得

「よし、早速フェアに行くぞ!」と思ったそこのあなた!

少々お待ちくださいませ(笑)。

ここではブライダルフェアに参加する前に知っておきたい【5つの心得】をお伝えしていきます。

大前提として、ブライダルフェアのほとんどは事前予約が必要です。

気になるフェアがあっても、まずは電話やインターネットで予約をしてくださいね。

というわけで、以下5つの心得です。今すぐチェックを♪

 

 

【心得01】3件以上は参加するべし
ひと口にブライダルフェアと言っても、会場によって内容はさまざま。いくつかの会場を比べてみるのがオススメです♪ 目安は最低でも3件は回ってみてください。そうすることで、より現実的な結婚式のイメージが掴めるようになってきます。同時に今まで思い浮かばなかったようなアイデアや選択肢に出合えることもありますよ。
ブライダルフェア準備

【心得02】カメラは必ず持っていくべし
フェアに参加時に「持っていった方が良いアイテム」がいくつかあります。必須のひとつはカメラです(もちろんスマホのカメラでもOK)。後で見返せるようにたくさん撮影しておきましょう。併せて、メモを取るための筆記用具&メモ帳、いただいた資料やパンフレットを収納するためのちょっと大きめのカバンも持っていくと便利ですよ。
ブライダルフェア写真

【心得03】事前に内容を確認するべし
ブライダルフェアにはさまざまな種類があります。例えば、模擬挙式の体験ができるもの、コース料理の試食ができるもの、ドレスの試着ができるもの…といった具合です。事前にどの会場で、どんなフェアをやっているのかをチェックしておきましょう。同じ会場でも日によって内容が違う場合もありますので、そのあたりのチェックも抜け目なく!
ブライダルフェア吟味

【心得04】“会場タイプ”を狙い撃ちするべし
神前にするのか、チャペルにするのか…といった「会場のタイプ」はお決まりですか? 結婚式専門の式場はもちろん、ホテルやゲストハウス、レストランを会場に考えている人もいることでしょう。「ひとまずいろいろな会場を!」という人は別ですが、すでに会場タイプのイメージが固まっているのなら、そこから絞り込んでブライダルフェアを検索してみてください。
ブライダルフェア式場

【心得05】焦りは禁物! よく考えて契約するべし
結婚式は高額な買い物ですよね。フェアに参加すると、どうしても気持ちが高まってしまうものですが、その場のノリだけで即契約するのは控えてください。まずは一旦持ち帰り、お二人はもちろん、ご両親や友人などともしっかり検討した上で、最終的な判断をしてくださいね。それぞれの会場で見積もりを出してもらうのもお忘れなく。
ブライダルフェア相談

 

 

3.一番人気はやっぱり試食会!

上記【心得03】でもお伝えしましたが、ブライダルフェアにはさまざまな種類があります。

そして、フェアの種類によって所用時間もさまざまです。

目安としては、模擬挙式や相談会だけなら1〜2時間程度。

試食会や衣装試着なども含めるフェアなら3〜4時間くらいかかる場合もあります。

一日に複数のフェアを回る場合もあると思いますので、

内容と所要時間を事前に把握し、無理のないスケジュールを立ててくださいね。

それでは、代表的なブライダルフェアの内容を見ていきましょう♪

 

 

[模擬挙式]
ドレスをまとった新郎新婦モデルが実際の挙式を実演してくれます。聖歌隊やパイプオルガンの生演奏を聴ける場合も。参加するお二人は“ゲストの立場”になって「どんな風に見てもらえるか」などを体験することができるのが一番の魅力です。
ブライダルフェア模擬挙式

[模擬披露宴]
披露宴の雰囲気をリアルに味わうことができます。実際の演出やコーディネート、照明や音響の雰囲気などを見ることができるので、式当日のおもてなしのイメージが一層クリアになっていくことでしょう。披露宴の入場体験できたり、映像上映会があることも。

ウェディングフェア披露宴

[試食会]
結婚を考えているカップルの9割以上が参加するという大人気の試食会。料理はゲストをもてなす上での一番の目玉ですよね。料理の味や見た目はもちろん、スタッフの対応や会場の雰囲気なども一緒にチェックしてみましょう♪ スイーツやワンプレートのみといった気軽な試食会もありますよ。
ブライダルフェア料理

[衣装試着会]
憧れの花嫁衣装を試着できる、トキメキ度MAXのイベント! 最新のウエディングドレスやカラードレスがお出迎えしてくれます。あれこれ迷いながら“運命の一着”探しをしてみてください。もちろん、新郎のタキシード試着などもOK!
ブライダルフェア衣装体験

[コーディネート見学]
テーブルクロスや装花、カトラリー、エントランスなど、本番と同じようにコーディネートされた会場を見学することができます。写真ではわかりにくい空間の印象や雰囲気、具体的なイメージを確認してみてください。
ブライダルフェア式場イメージ

[美容体験]
ネイルやフェイスパック、ヘアアレンジなどの美容体験ができるフェアもあります。会場に併設されているスパやサロンなどで行われる場合が多いそうです。エステ気分でゆったりと、来るべき式に向けて“キレイの意識”を高めていってください。
ブライダルフェア美容

[相談会]
結婚式にまつわる疑問や不安を専属プランナーに相談できます。予算のこと、人数のこと、空き状況や、料理、演出アイデアのことまで、結婚式を決める前の「?」をとことんぶつけてみてください。希望すれば、簡単な見積書を作ってくれますよ。
相談会

 

 

4.いざ、ブライダルフェアへ!!

いよいよブライダルフェアに向けての行動です!

前述した通り、大抵のフェアは事前予約が必要ですので、

まずはそれぞれのイベントの会場、内容、日程、時間などを確認し、

所定の方法で予約をしてみてください。

 

 

 

おや? こんな声が聞こえてきましたよ…。
「いつ、どこで、どんなブライダルフェアって調べるのが面倒臭い!」
「調べてみたけど、いろいろあり過ぎてどこに行けばいいのかわからない!」

はい、そんな時こそ「はま婚!」の出番です。

はま婚!では、お二人のご要望をしっかりお聞きした上で、

今この時期だけの、お二人にぴったりの

超おすすめブライダルフェア情報のみを

随時ご紹介しています。

 

はま婚

ブライダルフェアに出掛ける際には、ぜひ一度はま婚!にご相談くださいね。

はま婚!だから知っている、オトクな情報も併せてお知らせしていきますよ♪

 

相談カウンター
LINEで相談
メールで相談


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!

ft_h2

ft_h2

Copyright (c) HAMAKON All rights reserved.