menu

結婚情報コラム

浜松 人気ドレスショップ発信!! 袖付きドレスの魅力・無料試着

2016.12.16

浜松 人気ドレスショップ発信!! 袖付きドレスの魅力・無料試着


2011年の英国ウィリアム王子とキャサリン妃のご成婚以来人気が衰えない袖付きドレス。

格式の高さや品の良さはもちろん、女性らしい繊細なデザインが魅力的で気になっているお嫁様も多いのではないでしょうか。

still_photo-race

「露出を控えて厳かな雰囲気にしたい」
「教会のしきたりで露出を控えなくてはならない」
「お色直しのカラードレスとのメリハリをつけたい」
「二の腕をカバーしたい」 等々、

袖付きドレスをご希望されるお嫁様の理由は様々です。

また、ドレスによってはお袖部分の取り外しが可能な2WAYタイプのドレスも多く、挙式と披露宴で印象を変えたい花嫁様にも大変人気となっています。

袖付きドレスは上品に見えるだけではなく、コンプレックスを隠したり、印象を変えたりと花嫁さんの理想を叶えてくれるうれしいデザインが多くあります。

一言に袖付きドレスと言っても様々な種類があり、クラシカルなドレスなら袖のあるドレス、可愛らしいドレスならノースリーブなどお袖のデザインは、

ウェディングドレスの印象を大きく左右します。

本日は人気のあるお袖の形と、それぞれのお袖の与える印象や効果、なりたいスタイルに合わせた選び方をご紹介させて頂きます。

<アメリカンスリーブ>

アメリカンスリーブ

アメリカンスリーブは胸元を首まで覆う、肩周りを大きく露出させる形のノースリーブ型のスリーブデザインのこと。

アメリカ風の開放的なイメージを感じさせることからこの名がついたのだそう。

大きくカットされた斜めのラインが女性らしく、シンプルでスタイリッシュなイメージにみせてくれます。

アメリカンスリーブは肩を華奢に見せてくれる効果があるので、肩幅が広い方や怒り肩の方にもお勧めです。

<フレンチスリーブ>

フレンチスリーブ

フレンチスリーブとは、ノースリーブと半袖の中間くらいの長さの、肩の先が少しだけ隠れる程度の短いお袖のこと。

小さな天使の羽のようなシルエットがなんとも可愛らしく、ナチュラルで可憐な印象を与えます。

フレンチスリーブはウエストから肩のラインのシルエットが逆三角形になる為、ウエストが細く見え、

肩周りも綺麗にカバーしてすっきりと見せてくれるので体型を気にされている方やなで肩な方にもお勧めです。

<フレアスリーブ>

フレアスリーブ

フレンチスリーブよりも少し長さのある、袖口に広がりのあるお袖のこと。

ひらひらと花びらのように揺れるお袖が可憐で軽やかさもあり、露出を控えたデザインが大人の印象を与えます。

フレアスリーブは痩せ型の方や腕が華奢なことでお悩みの方にもお勧めです。

広がった袖口のフリルでボリュームが出るので、健康的な体型にみせてくれます。

<ショートスリーブ>

ショートスリーブ

半袖スタイルのウェディングドレスはクラシカルですが、可愛らしさがあります。

肩が隠れて、短い袖のあるショートスリーブはカジュアルな印象にしてくれます。

<パフスリーブ>

パフスリーブ

パフスリーブは袖部分をふんわりまあるいシルエットに生地を膨らませたデザインで、可憐な女性を印象づけられます。

少女の頃に憧れたプリンセスの様なお袖の形の『パフスリーブ』はお姫様ドレスのシンボル。

シンプルなデザインのウェディングドレスでも可愛らしい印象になるのが特徴です。

パフスリーブは肩幅や二の腕が気になる方にお勧めです。パフスリーブの丸いフォルムで肩周りや二の腕をカバーしてくれます。

<オフショルダー>

オフショルダー2

肩まで大きく開いたデザインで、気品のあるクラシカルな印象に。

肩周りを包み込むようなシルエットが、守ってあげたくなるような繊細な印象を与えます。

鎖骨をすっきりと見せることで華奢に見え、怒り肩をカバーしてくれる形です。

<ワンショルダー>

ワンショルダー

ワンショルダーとはどちらか一方肩だけ露出するスタイルのお袖のこと。

アシンメトリーな形が個性的で大人っぽさを表現してくれます。

<ノースリーブ>

img17_026FL_R

ノースリーブのウェディングドレスは清楚な花嫁さんによく似合うスタイルです。

透け感のあるヌードレースでお嬢様風に。

<ロングスリーブ>

キャサリン妃 ロング

手首までの長さがあるロングスリーブは大人の女性にお勧めです。

総レースのロングスリーブデザインは上品な透け感でエレガントな印象になります。

ロングスリーブは細身で腕が華奢な人にぴったり。腕の細いラインを華やかなレースがカバーしてくれます。

微妙な長さの違いによって印象や効果も変わるので、それぞれの魅力をご紹介させて頂きます。

< 五分袖 >

五分袖

五分袖は少女と大人の女性の中間の様な、あいまいな雰囲気がとっても可愛いらしい袖丈です。

60年代クラシカルを彷彿とさせるシルエットが、アンティークな印象を与えます。

< 七分袖 >

七分袖

クラシカルな雰囲気がぐっと増す七分袖。

カジュアルさと上品さのミックスが魅力です。

< 十分袖 >

十分袖

キャサリン妃も選んだ十分袖のドレスは、気品があり格調高い雰囲気で、まさにアンティーククラシカル。

長袖の中でも一番気品高く見え、花嫁さんの内面の品格さえ感じます。

エレガントな総レースのロングスリーブはまるでロイヤルウェディングのような雰囲気を演出してくれます。

以上、様々なスリーブの種類とそれぞれの魅力や効果についてご紹介させて頂きました。

自分に合ったお袖の形は見つかりましたか?

img08_027FL_R

気品あふれる袖付きドレスは理想の女性像そのもの。

ブラン ドゥ スティルアンでは様々なデザインの袖付きドレスをお取り扱いさせて頂いております。

そんなオートクチュールを体感頂ける、特別なフェアが‼

2017年1月7日(土)~22日(日)

【新作オートクチュールドレスフェア】

を、開催致します。

ブランドゥスティルアンがお届する、最新のドレスを是非この機会にご体感下さいませ。

 

 

 


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!