menu

結婚情報コラム

コロナ禍での新郎ウェルカムスピーチ

2021.06.07

コロナ禍での新郎ウェルカムスピーチ


皆さん

 

今月は6月

6月と言えばJUNE BRIDEということで

日本中で感染対策をしっかりとしながら結婚式が行われていることと思います

 

ちなみにこのJUNE BRIDE(ジューンブライド)は日本でもよく知られた言葉ですが

元々、古くからヨーロッパで「6月の花嫁は幸せになれる」という言い伝えからきたもの

結婚の女神であるJUNOが6月を守護しているところからきているそうです

日本では6月は梅雨ということもあり、ジューンブライドという伝説で

6月の結婚式をプッシュしてきたなんてお話もあります

所説ありますので真意は定かではありますが

ブライダル業界歴19年の私が新入社員のころに先輩が言っていたんですが

 

「6月の第1週目の土曜日は雨が降らない」

 

私の知る限り確かに6月の第1週目の土曜日は雨が降った記憶がありません

いま来年のジューンブライドをご検討の方がいたら

1週目を強くお薦めします。

 

さて、そんな6月の結婚式ですが

コロナ禍ということもありいろいろなところでこれまでと違う工夫や対応が必要になっています。

 

今日はその中でも#ウェルカムスピーチ について書いていきます

ウェルカムスピーチと言えば

「本日はお忙しいところ、私たちの結婚式にご参列いただきまして誠にありがとうございました。

日頃お世話になっている皆様に感謝をお伝えしたいと思い

ささやかですがこの場を設けさせていただきました

短い時間ではありますが、お楽しみいただけたら幸いです」

 

というようなお話が一般的でした。

 

ただ、コロナ禍のいま、これだけでは少し足らず

現在行われている結婚式でも皆様以下のポイントでお話される方が多くいらっしゃいます

 

コロナについて触れるべきか

楽しい披露宴の最初にコロナの話題を出すべきかどうか迷われる方もいらっしゃいますが

ここ1年の披露宴を拝見していてもほとんどの方がここに触れられます

そのうえでこの結婚式を挙げる意味やお集まりいただいたゲストへの感謝を伝えるところから

パーティを始めていきましょう

《シンプルな例文》

本日はお忙しい中、またこのコロナ禍にも関わらず 私たちの結婚式にご参列いただき

誠にありがとうございます

短い時間ではありますがどうぞお楽しみください

 

 

コロナ禍での結婚式への葛藤や苦悩をお話してみる

なんの悩みもなくこの日を迎えられた方は少なく

お招きするゲストのことを想って苦悩されたことをここでお話するのもいいでしょう

お二人のために駆けつけてくださったゲストの方たちです

その苦労のうえにこの日があることをきっとご理解してくださいます

《葛藤に触れる例文》

コロナ禍で結婚式を挙げるということが本当に正しいのかどうか

夫婦二人で本当に迷いました

皆様に気苦労や心配をおかけしてしまうことについて悩み続けて今日を迎えました

でもこうして皆様とここでお目にかかり、お祝いの言葉をかけていただき

今は本当に幸せを感じております

私たちからの感謝の気持ちをこめたご披露宴をどうぞお楽しみください

 

 

 

延期したうえでの当日だった場合はそこに触れましょう

延期したことでゲストに日程の再調整などをしていただいたことに対してのお詫びや

それでもこの日を迎えられたことへの喜びをお伝えになるのがいいでしょう

 

《延期しての当日だった場合の例文》

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って今日を迎えるまでに私たちは延期の決断をさせていただきました

その際には皆様に大変ご心労とご迷惑をおかけしたことと存じます

ただ、今はこうして皆様をお迎えしてこの日を迎えられたことを本当に嬉しく思っております

今日は感染対策をしっかりとして少しでも皆様にご安心していただけるよう準備を進めて参りました

短い時間ではありますが皆様と楽しい時間を過ごせたらと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします

 

いかがでしょうか?

他にも当日までのシチュエーションによって様々な内容が考えられますが

いずれにしても、しっかりとコロナ禍でも不安を乗り越えて来てくださったゲストに

感謝をお伝えになっていただくことをお薦めします

 

きっとゲストにお二人のお気持ちは届きますよ!

 

はま婚では結婚式のことならどんなことでもご相談に乗らせていただきます

これから式場探しの方にはコロナ禍でも最適な会場様のご提案や

結婚式のご準備段階でのいろいろなお悩みもお気軽に♪

 

浜松市内に3店舗あるカウンターでのご相談や

電話やラインでのご相談ももちろんOK

浜松市の結婚式のことなら”はま婚”になんでもご相談ください。

 

この記事を読んだあなたにオススメの記事

コロナ禍での新郎謝辞

コロナ禍での招待状作成ポイント

≪結婚式DIY≫マスクケースを作ってみよう!

コロナ禍のお祝い返し

コロナウイルス対策 結婚式相談会

2021年下半期・2022年の結婚式予約は早い者勝ち…⁉自粛解除後の動きを再検証!

 


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!