ウェディングブログWedding Blog

【ウエディングレポート】天守閣の下、白無垢&武将姿で愛を誓う

2016.10.13

【ウエディングレポート】天守閣の下、白無垢&武将姿で愛を誓う


天守閣の下、白無垢&武将姿で愛を誓う

鈴木 義勝さま 直映さま

【挙式日】2015年5月23日
【会場名】ホテルコンコルド浜松

ゲストに楽しんでもらうためふたりがサプライズの仕掛け人!

直映さんの友人の紹介でコンシェルジュデスクを訪れたというふたり。
直映さんは和装で挙式ができるところを、義勝さんは遠方からのゲストのために利便性のいいところを希望しました。
ホテルコンコルド浜松に決めた理由は、浜松城公園で挙式ができるプランがあったこと。
実際の結婚式を見学し、金屏風の代わりに陣幕が張られているのを見て、なんと義勝さん、「家康公だ!」
とひらめいたというのです。
そして、甲冑姿で式を挙げると宣言。「初めはびっくりしました。でも、実際衣装を合わせてみたら、紋付き袴より甲冑の方が似合っていました(笑)」と直映さん。
当日は天候にも恵まれ、多くの一般ギャラリーに見守られながら人前式が執り行われました。
「後輩ふたりには足軽で付き添い人に、鎧店のスタッフさんには忍者で介添えをお願いしました。ここまで
する人はなかなかいないでしょうね」
と笑顔で振り返ります。
眺めのいいレストランでのパーティーは、食事と歓談がメインのアットホームなものに。料理は和食・洋食・和洋折衷を各人でセレクトできるスタイルで、幅広い年代のゲストに大変好評だったようです。

002-001-s
家康公になりきった義勝さんお気に入りのショット
003-s
旗持ちの2人は義勝さんの後輩。あまりのこだわりにホテルスタッフも驚き!
004-s
リングボーイならぬリング忍者。鎧店のスタッフが着替えのサポートを兼ねて変身している

 

005-001-s
義勝さんの職場の先輩が居合を披露。プランに含む和太鼓の演奏も式を盛り上げる
006-s
幅広い年齢層のゲストに喜ばれたホテル自慢のセレクト料理
007-s
ケーキカットは刀が長すぎたのがハプニングに!?
008-s
友人が編集したブルーインパルスの映像の後、お色直しのふたりが登場
009-s
直映さんのリクエストで義勝さんのお色直しは自衛官の礼服姿に。女性ゲストに好評だったよう

こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!

結婚式や結婚準備のご質問・ご相談Contact & Reservation

Copyright (c) HAMAKON All rights reserved.