menu

結婚情報コラム

どうなる結婚式?浜松市にまん延防止措置

2021.08.07

どうなる結婚式?浜松市にまん延防止措置


皆さん

 

今日も浜松市の結婚式場のご紹介

皆様の結婚式のご準備のお手伝い”NPO法人はま婚”のブログをお読みいただきありがとうございます

 

オリンピックも佳境に入ってきて日本代表の大活躍が連日報じられていますが

心配なコロナも増えてきております

 

それに伴って静岡県でも感染が拡大している地域においてまん延防止措置がとられ

ここ浜松市もその対象となりました

 

期間は8月8日(日)から8月31日(火)まで

今回はじめて浜松市にもまん延防止措置となり

期間中に開催を予定されている新郎新婦様は大変ご心配をされていることと思います

 

ではこのまん延防止措置が実際に結婚式に与える影響について書いていきたいと思います

※各社によって対応は異なることがあります

あくまでも私たちはま婚としての解釈ですのでご注意ください

 

 

まずこのまん延防止措置ですが

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために

都道府県が定める期間、区域等において感染拡大の主な起点となっている場面等に効果的な対策を講じることが主旨となっています

ただ、大切なポイントとして

 

 

結婚式をしてはいけない

 

ということではありません

今回のまん延防止措置では感染対策をしっかりと講じたうえでは

結婚式及び列席者をお招きしてのご披露宴も実施可との判断だということです

 

ではこの感染対策をしっかりと講じるということと

今回の要請内容についてですが

まず、感染対策についてはこれも日本中の結婚式場でおそらくスタンダードに行われていると思いますが

各社にて以下のような対応がなされていると思います

■飛沫感染対策

  • スタッフは全員マスクを着用の徹底
  • ご婚礼時の着席間隔をあけてご提案させていただきます 披露宴会場の配席レイアウトにつきましてはお人数に合わせて個別にご提案
  • 挙式時聖歌隊による歌唱はソーシャルディスタンスを保つ または BGMに切り替え
  • 集合写真はお控えになることを推奨いたします 実施される場合は撮影ギリギリまでマスクの着用
  • ご披露宴のご余興時もマスク着用の上大声を出す内容のものは禁止
  • ご披露宴時のお酌、グラスの回し飲みの禁止

■エアロゾル感染対策

  • 窓のある場所は随時換気
  • 窓のない場所は空気清浄機を設置
  • 迎賓や送賓時 混雑しないようスタッフで随時誘導

■接触感染対策

  • スタッフは随時手指の消毒
  • エントランスやお化粧室等各所にお客様用アルコールを設置
  • 弊社バスにおいて毎降時運転手によるアルコール消毒
  • 館内にございますテーブルや椅子 またお客様が頻繁にふれられる箇所(扉取っ手やエレベーターのボタン)は随時アルコール消毒
    (ご披露宴中はお客様ご退席後毎回アルコール消毒)
  • メイク道具等直接お客様にふれる器具や道具も使用毎に消毒
  • 会場内にあるマイクはご利用の度に消毒
  • 司会者とお客様との距離をあけたり、アクリルパネルを設置

■スタッフ感染対策

  • オフィス含むバックヤードにおいても常にマスクを着用
  • 毎日検温を実施し37.5度以上もしくは平熱より1度以上高い場合の出勤を禁止
  • 体調不良 または コロナウィルスの感染の可能性がある従業員の出勤を禁止しております
    家族に疑わしい症状がある場合も同様の対応
  • 鼻水、唾液など付着のゴミはビニール袋に入れて密閉
  • スタッフの海外渡航を禁止
  • お打合せはオンラインでも可
  • ブライダルフェア等イベント開催にあたっては予め混雑しないよう日程、時間、人数を調整

■お客様へのお願い

  • ご来館時はマスクの着用をお願い
    また、ご披露宴でのお食事中以外はマスクの着用
  • ご入館時みなさまに検温をお願いしております 37.5度以上の体温を検知した場合はご入館をご遠慮いただく
  • ご結婚式ご参列の皆様に新郎新婦様より来館時検温実施の上入館制限する場合もある旨を予めご案内

 

これらの対応をすることで感染リスクはかなり下げられると考えられます

事実、このコロナまん延からの1年半にわたって結婚式場のなかでのクラスター発生の事例はほとんどありません

 

そのうえで、今回の要請内容で大きなポイントが二つ

 

①営業時間の短縮

②酒類の提供の自粛

 

①は20時までに営業を終えるということなので

結婚式を夕方や夜からの開催の方は残念ながら時間を早めるなどの措置が必要となります

 

②については結婚式場においても『酒類の提供はできない』ということです

 

 

我々浜松市よりも先に、4月25日に発出された緊急事態宣言やその後のまん延防止措置の対象地域においては

アルコールのない中での結婚式が行われていました

実際にその地域の式場の方にお話を伺ったのですが

アルコール、なくても以外と盛り上がった

であったり

お祝いに集中できて良かった

などのポジティブな話もありましたが一方で

結婚式でお酒出せないなんて。。。

という残念なお声も当然ありました

 

ただお聞きしたところでは酒類の提供ができないことを起因とした結婚式のキャンセルは1組もなかったとも聞いています

 

 

いまこの時期に挙げられる予定の方々は

それぞれ個別のご事情や想いでこの時期に結婚式を開催されるご予定だったと拝察します

 

オリンピックをみていても思いますが

新型コロナウイルスによって私たちは

コロナの前に思い描いていた完璧なカタチや

この1年半でそれでもこういうカタチなら叶えられるという

もしかしたら妥協に近いような在り方でさえも

思い通りにならない現実を受け入れてきました

 

そこには言い尽くせない悩みや葛藤を抱えながら

当日を控えられる新郎新婦様にとって今回のこの措置は

少なからずまた悩みを増やす出来事であると思います

 

それでも新しい人生を祝う門出のための1日である結婚式を行う新郎新婦様を

私たちブライダルに関わる人間はプロとして支え続け

あらゆる努力をしながら、待ちに待っていただいた当日を迎えていただきたい

 

おそらくすべての式場の人たちがそう考えていると思います

 

私たちはま婚もブライダルに関わるものとして

皆さんのご不安を少しでも和らげる一助になれたらと思っています

 

最新記事「どうなる結婚式!2 浜松市に緊急事態宣言」はこちら


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!