ウェディングブログ

ご結納・お顔合わせの相談もはま婚にお任せ。 浜名湖・浜松・掛川の会場をご紹介可能! 

2017.05.08

ご結納・お顔合わせの相談もはま婚にお任せ。 浜名湖・浜松・掛川の会場をご紹介可能! 


「顔合わせ」って、何?

そもそも「顔合わせ」とは、初めてお互いの両親を紹介し合い「結納の日取りを決める」というもの。ほとんどの人が結納の儀式の前に食事の席を設け、式までの段取りを確認するため、またお互いの親睦を深める時間として「顔合わせ」を行います。おもに新郎側の父親が場を進行し、会食を楽しみます。

160727_慶事会席_022

「結納」って、何?

結婚式の準備を始める前に、新郎とその両親が新婦のお宅に伺い(新婦が新郎側に嫁ぐ場合)、正式に「お嬢さんをお嫁にください。よろしくお願いいたします」とお願いに上がるというもの。そして新婦側はそれを承諾し、食事でもてなします。これで「結婚の約束が決まった」=婚約ということになります。

なぜ、「顔合わせ」が必要なの?

結婚はふたりの意志だけで新しい家庭を築くというものではなく、それまでまったく他人だった2つの家族が親戚になることを意味します。これから始まる親戚付き合いの前に、お互いにあらかじめ言っておくべきこと(例えば、趣味や特技、持病、宗教など)を伝える場として、結納の前に「顔合わせ」をするのです。

スタイルいろいろ

結納ほどの形式的な決まりはありませんが、「顔合わせ」もフォーマルなセレモニーのひとつ。周囲が気にならないよう、料亭やレストラン、ホテルなどの個室を予約して行う場合がほとんどです。基本的には、ふたりとそれぞれの両親が出席します。服装やお土産など、両家の足並みが揃うよう、事前にふたりで確認しておくとよいでしょう。

予算はどれくらい

「顔合わせ」の食事会の予算は、おおよそひとり当たり7,000円から1万円程度が相場です。場の雰囲気や料理も大事なので、予約する際に「両家の顔合わせで利用したい」旨を伝えておきましょう。費用は両家で折半するのが一般的です。会の終盤にふたりのうちどちらかが、まとめて会計をするのとスマートです。

教えていただいたのは・・・結納の天世 結納アドバイザー 田添重子さん

swmn_161122_0012

結納司「結納の天世」にて、お客さまの相談を受ける、結納アドバイザー。結納品の準備はもちろん当日の段取りなど、昔ながらの作法を熟知しているからこそ、イマドキでもここだけは抑えるべき!をやさしく教えてくれる。


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!

ft_h2

ft_h2

Copyright (c) HAMAKON All rights reserved.