ウェディングブログWedding Blog

【ウエディングレポート】空の下での公園挙式は 想像以上の気持ち良さ

2016.10.17

【ウエディングレポート】空の下での公園挙式は 想像以上の気持ち良さ


空の下での公園挙式は想像以上の気持ち良さ

村松 翼さま 真希さま

【挙式日】2014年10月11日
【会場名】ホテル コンコルド浜松

和のトーンでつつがなく 納得の結婚式を実現

大学時代の電気工学科の同級生というふたりは、知り合って9年、お付き合いを始めて5年でゴールインというカップル。結婚を決めたふたりがはま婚!コンシェルジュデスクに相談したところ、真希さんのご実家は三重県ということもあり、市街からのアクセスがよく、遠方から訪れるご親戚など幅広い招待客への宿泊を含めた対応が心強いホテルでの挙式を勧められました。
式のトーンは和で統一。浜松城公園で屋外人前式を挙げました。葵の紋の陣幕を張り、緑の芝生の上に敷いた赤い毛氈がバージンロード。穏やかな土曜の午後、公園を訪れた一般の人々の祝福も受けながら、秋空の下で行われた人前式は招待客にもとても好評でした。
打ち合わせにかけた期間は約半年。じっくり悩んで決められた、と納得の結婚式だったようです。「誰を呼ぶか、どこに座ってもらうか、当日の段取り、演出や引き出物、車の手配のことまで、はま婚!の鈴木さんにはいろいろ聞きました。特に見積書の調整については分からない事ばかりですから、相談できてよかったです。ブライダルに詳しい人が第三者的な立場で味方についてくれるのは心強いですね」

002
スクリーンに映し出されたムービーに思わず笑顔。「色あせた昔の写真も色鮮やかになっていて、やっぱりプロだなと思いました」003
「懐石フルコースを楽しむ機会はなかなかないと思って」。披露宴での料理も和食で統一。

003-002
披露宴会場のホテルから人前式を執り行う公園までの数百メートルを人力車が送り迎え。

004
穏やかな秋の空の下、緑の芝生の上での屋外人前式は想像以上の気持ち良さ。

005
両家ご一緒に地酒「出世城」での鏡開き。

006 手渡しのお土産も和で統一。007-001
氷の中に花が咲いた!二橋氏による氷の彫刻の実演パフォーマンスも好評。


こんな記事も読まれています

SNS

Facebook

Twitter

タグ

はま婚!コンシェルジュデスクでプロに相談!

結婚式や結婚準備のご質問・ご相談Contact & Reservation

Copyright (c) HAMAKON All rights reserved.